スキップしてメイン コンテンツに移動

SC-01B/内覧会

昨日、2010年2月8日(月)に東京・新宿にて2010年2月に発売予定であるNTTドコモ向けサムスン電子製「docomo PRO series SC-01B」の内覧会が開催されました。
私は、当日会場に行けませんでしたが、Windows phone FANさんによるストリーミングで、視聴しておりました。(会場のスピーカからの音を拾ってた為ちょっと音が聞きづらかったですが・・・)会場の臨場感が伝わってきました。(^^)


さて、SC-01Bの話です。
私は、現在 X02HTとT-01Aを所有しています。使用していて感じるのは、「Windowsphoneは、やっぱりタッチ操作が必要だな!」ということです。
その点、このSC-01Bは、Professional ですからタッチ操作の部分はクリアーされていますネ!しかも、QWERTYフルキーボードが利用できますので、ProfessionalとStandardの良いとこどりをしているのかもしれません。(これは、多分使いやすい) ソフトウェアキーボードは、どうしてもスタイラスペンがほしくなりますよね!
画面は、2.6インチですからやや小さい感じはしますが、モバイル環境での使用を考えると問題ないことなのかもしれません。(実際さわりたいな~)


そうか!このタイプのWindowsphoneでStandardだとWindows Marketplace for Mobileでアプリケーションを利用しようとしてもまだ、数が圧倒的に少ないですよね~ Professionalを採用する事で、豊富なアプリケーションを利用できるんですね!だんだん欲しくなってきた!(やっぱり触りたかったな~)


そうそう!私の奥さんがストリーミング見ながら言ってました。
「司会進行していた女性が、割とすいすい操作しているネ!これって女性の手の大きさにも配慮しているみたいに見える」(奥さんは、iPhoneユーザです。。。。(汗))
そうなんですよね~ 今までのWindowsphoneってどれも幅があって女性の手には、ちょっと大きいらしいのです。(後は、色かな?)
やっぱり女性に受ける機体が、いいですよ!いろんな意味で・・・
え!これって日本オリジナルデザインなんだ~(^^)/


期待しちゃうな~ 触りたい!(笑)

コメント

このブログの人気の投稿

'Microsoft.Jet.OLEDB.4.0' プロバイダはローカルのコンピュータに登録されていませんの対応

最近発生したエラーの覚書です

32bit Windows7 の環境に、これまで開発しているアプリケーションを
インストールして動作させようとしたところ「Microsoft.Jet.OLEDB.4.0が登録されていない」
というメッセージが表示され、アプリケーションが起動しない事象を確認しました。

調査してみると64bit Windows7環境では、割とポピュラー?なエラーとして色々と報告
されていました。
しかし、32bit Windows7 の環境では、同様のエラーメッセージは、ほとんどなく
同じ内容かなーと思うと単に接続部分の記述ミスだとか、別件の事象しか確認できませんでした。
さて、どう対応しようかと迷った挙句、メッセージが「Microsoft.Jet.OLEDB.4.0が登録されていない」
と言っているのだから、OLEDB設定から調査することにしました。

以下のツールをダウンロード
Component Checker
http://download.microsoft.com/download/dasdk/Utility/2.61/WIN98Me/EN-US/cc.exe














やはりJet OLE DB Providerが存在しません。

これが、原因ポイですね!

こんなリンクも見つけましたが、Windows7用が無いため参考として・・・
Jet 4.0 SP8
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=2deddec4-350e-4cd0-a12a-d7f70a153156&DisplayLang=en

こちらを見つけましたので、これを利用する事に・・あまり選択肢は有りません。

Microsoft Access データベース エンジン 2010 再頒布可能コンポーネント
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=C06B8369-60DD-4B64-A44B-84B371EDE16D&displaylang=ja

注意)
このコンポーネントを利用する事に伴い、接続プロバイダーを変更する事が必要になります。これって、自分のとこで開発しているから良いけど・・・

追記:
結果 うまく動いてます。詳しい状況知りたい…

w-8ben って知ってますか?

米マイクロソフトから、本日三度のw-8ben書類の提出依頼メールが届きました。


※Form W-8BENとは、米国における源泉徴収に関して受益者が非居住者であることを証する書面であり、米国財務省内国税歳入局(IRS)のフォームの1つです。(参照 http://www.yamada-partners.gr.jp/index.html)


このメールを初めて受け取った時、私は何の事だか正直わかりませんでした。
ただ、Windows Phone Marketplaceにアプリケーションを登録している関係の内容だとは理解できましたので、W-8benの書類について検索を繰り返し、やっと提出しなければいけない書類だとわかりました。しかし、この書類について書き方を厳密に説明しているサイトは有りませんでした。なぜか???今になってわかるのは、この書類が、米国内において定期的?に微妙に進化しているらしいのです。

(日本国内でも税金関係の提出書類が毎年微妙に変更されている事を思い出します。)

1トライ目:
 一番詳しく説明しているサイトを参考に何とか書類に必要事項を記入し郵送
 → 結果:書類が、日本語の登録情報と照合が出来ない。

   登録情報をローマ字で修正し再度w-8書類と一緒に郵送してくれ

2トライ目:
 1トライ目で記入した書類と登録情報(ローマ字版)を郵送
 → 結果:書類が不正な為、処理できない

   原因:正確な原因は提示されなかったが、以下のいずれかと考えられる
      ・書類の印刷サイズが違う(縮小されていてもダメらしい)
      ・書類のフォームが最新でなかった
      ・記入事項に不備があった

3トライ目:

 三菱東京UFJ-WEBサイトにてw-8ben書類の書き方を参考にして郵送
 → 結果待ち中


なぜ何回もトライしなければならないのか?

なぜw-8を詳しく説明した情報がないのか?

なんで書類の処理に時間がかかるのか?

今になってわかるのは、この書類が、米国内において定期的?に微妙に進化しているらしいのです。(日本国内でも税金関係の提出書類が毎年微妙に変更されている事を思い出します。)
また、書類の記述方法が違っていてもダメらしいです。
(お役所は、どの国も融通が利きませんね・・・)

今回の一連の作業で再認識した事があります。それは、郵送にかかる時…

w-8ben って知ってますか? パート3

こんにちは!
w-8benの書類が、受理されない理由がわかりました。

w-8ben Formの項目6.
U.S. taxpayer identification number,if required (see instructions)

に、EINが記入されていない事が原因でした。

※ EINとは、米国で事業を展開し租税条約の恩恵を受けるためには必要な番号。
  EINは適切な源泉徴収がなされるに提出するW-8BENという文書に記入する必要が
  ある番号で、W-8BENをアメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)に提出しなければ源泉徴
  収の最大額である30%を徴収されることになる。














という事でEINを取得しなければなりません。

どうすりゃいいの????
それからが、大変です。
EIN取得について、お世話になっている人に教えてもらったり、
EIN取得について、ググったり(Web上の情報は、様々でどれが正しいか特定出来ませんでした。)
EIN取得代行なるサービスも見つけました。
(このサービスは、2週間必要とし価格は28,000円でした。)

調査する中で、「EIN取得には3~4週間必要とする」情報や、「5分も必要としないで取得出来た」という情報があり、かなり混乱してしまいました。

結局、IRSのホームページからSS-4書類をダウンロードし、記入後Faxにて送信。その後、IRSへ電話してEIN番号を発行してもらう事が一番早く、正確だという結論に達しました。
(IRSの連絡先所在地は、フィラデルフィア 時差は13時間、受付時間7:00 a.m. - 10:00 p.m現地時間)

英語での対応には、不安を感じますが気合で乗り切る事にします。
乗り切れるのかよ??(^^;)



















以下が、EIN取得の過程です。

参考)
IRS連絡先:http://www.irs.gov/instructions/iss4/ch01.html
※ 215から始まる電話番号&FAX番号

************************************************
1トライ目:SS-4の提出を電話とFAXを併用する方法をとる事にする。
************************************************
OP:「May I help you?」

me:「Hi. Thi…